香りのリソース


幼い時のもっとも古い記憶は、1歳8か月か10か月くらい。

家には、庭先に大きなピンクのイングリッシュローズがあった。

当時の母の夢は、玄関先にバラのアーチを作る事だったらしい。

さて、一番古い記憶だが、多分、日曜日の午前中のことだ。

5歳上の私の姉近所のお姉さんたちが遊びに来ていて、ビーチボールをポンポンとついていた。


ぽ~ん、ぽ~ん、ぽ~ん という音

ガラス戸をあけ放って、縁側にいた私へとどいた

風に乗ってバラの濃厚な香りを覚えている。

光と影が織りなす、みている世界の美しさの中に溶けてしまいそうな最高の感覚。


ぽ~ん、ぽ~んという音、きらきらうごく光、バラの香り。

(その時は、バラの香りとは分からず、においだっただのだろうが・・・)

これが、最初の記憶。

いま、バラを10種類くらい育てているが、どれもみな香るもの。

この幼いころの光と影が交差している光のまばゆいいなかで、ただ幸福感にみたされていた記憶。

これをしょっちゅう再体験することは、生きる力、喜び、感謝というエネルギーが内側から、たとえていうなら神の世界から現れる。

私は、目の前にあるささいなできごと中にデヴァインの慈しみを感じる。

小さきものの中の愛である。

デビッド・オースティン社のイングリッシュ ローズ、花名は「プリンス」という黒バラ。

 カップ咲で開くとロゼット咲き。 香りは、濃厚なオールド ローズ香。 蕾のうちは、深いREDから赤紫へ移り変わる。 

毎年ブラインド状態で、蕾のつきも悪く、咲いても2輪を返り咲きしていた。そのうえ、寿命も短いときく。すでにカタログ落ちした品種ということもあり、大切に育てている。 


今年は、ローズフードをたっぷり与えたところ、今年の1季目は、4輪の花がついた。 

春先の強風で花芽のついたシュートがぽきっと折れて焦った。

 直感で鉢の土にシュートを差し込んでおいたら、なんと根がつき挿し木が成功した。

 もう1つモーブピンクのバラはフレンチローズ のローズシネルジック ディバール社とクレド・ポーボーテの香りの協力作品。 こちらも豊かな深いローズ香

Blue Lotus ありのままで

鳥には空が見えない、 魚には水がみえない、 人間には自分がみえない

0コメント

  • 1000 / 1000