ビリーフ 猫Guess の 独り言

人はみな 聴きたいことを聞き
みたいものを見る。

賢きものは、それを知っているもの。

愚かなるものは、知らないということさえも気づかず、知らずにいるもの。

だが、それでは、いつまでたっても
自己は何も変化せず成長もしない。

トレーニング中「Willingness」という天使やアウェアネス、セットバックでは「私は自分が宇宙の奇跡であることを忘れていました・・・」「待ちくたびれました」インサイトは「あなたはいつも高次の自分で・・・」が何回も現れた。

「何回も同じカードがこんなに出てくるのは、みんながそれらのことを快くやってないからなのよ。」
とトレーナーの洞察は、それを言っていいの?と思うほど衝撃的でした。

しかし真実を伝えても多くの場合、人は快く受け入れることは難しい。
気づきという知性が適切に働く者は自然に目覚め変化が起こる。
かたや、エゴのビリーフでしか物事を捉えることができないものは、
自分自身の勝手な解釈で物事を理解する。

生存の欲求の承認欲求とが歪むと成長はそこでstopする。

人間が最後にリリースするものは羞恥心だという。
惨めな、バカな、自分の恥とは何?

個人的には、昨年のオリジナルゲームでリリースしたPRIDE と関係する気がしてる。

10月からはじまる新しいホロスコープのサイクルまでにはっきりするだろう。
経験と知性と好奇心と高次の意識のつながりは、なんなのかを理解し成熟する大切さを実感する日々でした。


Blue Lotus ありのままで

鳥には空が見えない、 魚には水がみえない、 人間には自分がみえない

0コメント

  • 1000 / 1000