スピリチュアリティってなに? 猫Guessの独り言

スピリチュアルや精神世界という言葉をどのように認識していますか?
あるいは、想像しますか?

私の仕事の一部にTransformationGame®️という北スコットランドのスピリチュアルなコミュニティで40年以上前に作られた、ボードGame形式のセッションがあります。
それは、自分自身の目の前で起こることがメンターでそこから学ぶと言うフィンドホーンのミステリースクールのスタイルです。
個人の霊的成長と見えない世界(サトルワールド)と手を携え協働創造をして Love in Actionをします。
なんども取り組むうちに個性を超えた存在へと移行して行くなど存在としてのありようを探求するワークです。

もともとの考えは、個人的な経験からの条件づけのビリーフを超え、真実=目の前で起きていることは何か⁉︎に気づく、存在の目覚めを呼び起こすものです。
その中でのいろんな指導者やエルダーの方たちとの出会いは影響し合うことも大きです。
そして、さまざまな気づきがあります。

さて、常日頃、人々と関わる時スピリチュアリティについての認識がかなり異なっているのに気づきます。
あれっ?
なんかちがう感じ、、、、というように違和感が起こることがよくあります。
波動が高いとか低いとか、エネルギーが良いとか高いとか、
透視や、なにか聞こえるサイキックの現象やオカルトのようなものを考えているのかな?と思うこともあります。

話は変わりますが、アインシュタインのメモというがあります。
彼が来日した際に帝国ホテルのベルボーイへチップを渡そうとしましたが手持ちのお金がなく、その代わりにメモがきをして渡したものです。

『静かで慎ましやかな生活は、絶え間ない不安とともに成功を追い求めるよりも多くの喜びをもたらす』

このことばからは、スピリチュリティを感じられます。

私と言う1つの個性からものをみていると信じられないことかもしれませんが、この世界のあらゆるものは全てエネルギーで、純粋な意識です。

かたや個性の側からみると、その純粋なエナジーに触れるために個性を耕し、個を超えた存在へ移行する成長プロセスを歩んでいます。

個人の力の誇示のためではなく、何を持っているかや何ができるかでもなく、どのようにあれるか。
どのように、なにを差し出すことができるか。

心の美しさや感謝とともにあれること、そしてその表現のありようで、それは喜びに満ちています。

そこで、ちょっとググってみました。参考までに探してみました。

スピリチュアルとは?

https://www.amorc.jp/spiritual/?tc=gag413&gclid=EAIaIQobChMI3_uQwr7p3QIVg2kqCh19qgQXEAAYAiAAEgLLzvD_BwE

Blue Lotus ありのままで

鳥には空が見えない、 魚には水がみえない、 人間には自分がみえない

0コメント

  • 1000 / 1000