【Co-creation: Engaging with the Subtle Worlds of Earth and Spirit】 日本語Workshop Findhornツアーのご案内

私たちと一緒に【Co-creation: Engaging with the Subtle Worlds of Earth and Spirit】
日本語Workshop Findhornツアーに行きませんか?

Co-Creationは、このキャラバンから始まりました。


 北スコットランドに位置するFindhorn財団は1964年に3人の創設者たちとそこに関わる人々によって設立された世界有数の精神的なコミュニティーです。創設者たちと、そこに関わった人々は、目に見えない存在を信頼し、様々なチャネルをひらく探求、発見、実験を繰り返し、彼らと協働創造をする、~自然と調和して生きる~を主眼に実行し世界へ知られるようになりました。そして世界有数の精神的な学び、開拓、をしながら発展し続けています。今回は、目に見えない存在たちと協働創造を深めてゆくことへの探求をしてゆきます。
これからの世界を生きる全ての方にとって興味深いものになるでしょう。

人は、目に見える世界、目には見えない世界へ意識(人は意識です)が出入りできます。
地球のスピリット(being )は人類に対して私たちと共に働いて、地球に貢献、奉仕をして欲しいと望んでいます。〜デビッド シュパングラー〜

日 程: 2019年6月29日~7月5日(1週間のプログラムです)

 場 所: フィンドホーン共同体 (スコットランド)クルーニーヒルズ

 人 数: 10名~115名
ガイド : メアリー イングリス  

お申込: (有)i-wave Blue Lotus 担当入澤和美 

 費 用: 220,000円 (Tax別) 

お問合せ:Web:http://www.bluelotus.co.jp/ E-Mail:i-wave@bluelotus.co.jp 

エアーチケット;各自でお手配のうえ現地集合、現地解散。
行きのエアーは同じ便で渡英することも可能です。飛行機、前後の宿泊はご相談に対応します。


 ~ガイドのご紹介~ 


☆ メアリー・イングリス さん Mary Inglis 

トランスフォーメーションゲームの創設メンバー。 

ゲームの開発販売元Innerlinnks.Inc共同代表
Findhorn財団フェロー

世界中TransformationGameFacilitatorTrainingをはじめプロセススキルトレーニング、各種ワークショップなどを開催、日本には10年以上関わっており、Findhorn Outreach Education Programで意識のワークに勤める。近年は,Findhorn財団においてCo-Creationカンファレンスの主要メンバーとして活動。

 Transformation Game FacilitatorTrainingのほか、日本における
Findhorn Outreach Education開催履歴 

2007年 Mystery School 

2008年 Elder Ship 

2009年 Creativity 

2010年 Subtle world 天使と手をとりあって 

2012年 Emotion with working 

2014年 Process skill training Day5 

2015年 Process skill training Day3 

2016年 Co-creation: Subtle Worlds of Earth and Spirit 

他、小ワークショップ、個人カウンセリング、GameWorkshop、グループゲーム等多数をご提供
 


日程の概要
6月29日(金)9:00スタート7月5日終了 7月6日(土)9:00チエックアウト
場所 Findhorn財団 クルーニーヒル

【現地までの行き方について】

 ①オーガナイザーと一緒に渡航する方法(渡航費すべてと前泊費用は各自負担)
6月16日(木)成田出発⇒ロンドン・ヒースロ-orアムステルダム・スキポールで乗り換え⇒インバネス

 ② 日本 (成田・関空・羽田)⇒ヒースロー or スキポールで乗り換えアバディーン
バスでフォレス下車 電車でアバディーン駅かダイス駅からフォレスへ。 

・インバネスからNewbold House(予定)へはTaxiで移動
渡航が初めてという方もご安心してお申込みいただけるように飛行機、前泊、後泊の予約などのご相談及びサポートしております。
安心してお申込みくださいませ。


 ~ Maryさんからのインフォメーション
~Co-creation: Engaging with the Subtle Worlds of Earth and Spirit
共同創造:地球とスピリットとのサトルワールド(微細な世界)との関わり
「私たちは物理的なものと同じくらい微細な存在です。私たちは物理的および非物理的な生態系の両方に生息しています。両方を意識して創造的に従事できるようにすることを学ぶことは、私たちの世界への完全性を回復するための扉を開きます」 - David Spangler
サトルワールド(微細な世界)とサトル(微細)な存在 - 地球の第2の生態学とも呼ばれる - が私たちの周りにあります。私たち自身は微細で肉体的な存在です。地球自体は、物理的な次元と非物理的な次元の両方をブレンドした全体の生態学です。
身体的、心理的、精神的、微微細で精神的な自己を認識して立つことを学ぶにつれて、地球の生態学の微細な次元と新しい関係を開き、これらの次元を共同創造的かつパートナーシップ的な方法で開始することができます。
微妙な世界だけでなく、私たち自身の微細な性質との感謝的で協力的な取り組みを発展させることで、自分自身、お互い、地域社会、そして地球に恵みをもたらすことができます。一緒に私たちは、世界の全体を育成し、より深く創造的に私たちの時代の課題を満たすことができます。
サトルワールド(微細な世界)に取り組むことには3つの側面があります - 私たち自身の微細な性質、私たちの周りの環境における微細なエネルギー、そして微細な存在と知性で。これらは3つの異なるが、重複して交差する経験領域である。
サトル エンバイオメント(微細な環境)とサトル ビーイング(微細な存在)を認識し、それにアクセスできるのは、私たち自身の微細な性質によるものです。私たち自身の肉体的で微細な性質を整列させるにあたり、私たちはサトル エリア(微細な領域)とそこで動作する存在(ビーイング)に橋渡しをします。私たちは、「目に見えるように」なり、非物理的な存在、つまり彼らにとって私たちにとって重要なものとなり、コミュニケーションと協力の機会が広がります。
このワークショップでは、身体的、精神的なサトルな存在として自分自身を探り、微細な次元をそれぞれが独自に認識してつなぐ方法に注目します。私たちは微細な世界とのコミュニケーションの本質と、それに従事する方法を見て、実際的で創造的な方法でそれらをパートナーシップする方法を探ります。                

 メアリー 

Blue Lotus トランスフォーメーションゲーム日本窓口

Blue Lotusは、2003年2月にナチュラルアップスペース・スプリングという名前でOpenしました。めまぐるしいスピードで変化を続ける社会の中では、ゆとりある時間を持つことが難しい状況も時にはあります。そんな状況の中でも、心・カラダ・脳をゆったりとくつろがせることで、本来ある才能や力を発揮することができます。私たちは、ひとりひとりの存在に元々備わっている自然な力を上げてゆく、取り戻すということを目指してきました。 その後、【こころのこと】【カラダのこと】【メンタルなこと】【智慧を学ぶ】など私たち人間の総合的な側面について、また個人として、あるいはビジネスパーソンとしての能力向上、精神的な成長や学びなどに意識を向け、i-wave Corp. Blue Lotusとしてセラピーやワークショップ、各種トレーニングをご提供しています。 Facilitator沙知さん主催のTransformation Game®Workshop 2daysを神戸で開催します。 続きはNEWSのページをご覧ください。 Transformation Gameをより深いレベルで使いたい人向けにデザインされたものです。 トレーニングはリーダーシップ能力を高め、自己認識と理解を深めて、コミュニケーション力とカウンセリング・スキルの開発を助けます。カウンセラーやセラピストなど、専門的にゲームを提供したい方はもちろんのこと、ゲームのことをもっと知りたい、ゲームにもっと親しみたいという方にとってもまたとない機会です。 ひとりひとりに充分な注意を払うことを確実にするために、トレーニングの参加者は1グループ6名に限定されています。 続きはNEWSのページをご覧ください。 初めてイベントに出展します。      ブース出展型のセラピーイベント。      入場料2000円で、セラピー受け放題です。      (どのセラピーも全て無料で受けれます。)      ぜひ、ご都合を合わせていらしてくださ〜い。 このリトリートは、瞑想の前準備と言われるヨガ、ただ坐る瞑想やマーメイドフェイシャルなどで日常生

Blue Lotus トランスフォーメーションゲーム日本窓口

Blue Lotus ありのままで

鳥には空が見えない、 魚には水がみえない、 人間には自分がみえない

0コメント

  • 1000 / 1000