喜びとワクワク感でいっぱいな生き方へ移行しよう💓 6月29日〜7月5 日 Findhorn 日本語ワークショップツアー

Findhornよりニュースレターが届きました。
Transformation GameのFacilitaterたちで共同企画している
「Co-Creatuion日本語ワークショップ」 Findhornツアー、6月29日ー7月5日の参加の募集中です。
どんな内容かと申しますと、下記の3つのことを実際に学びます。
そのために基本的な概論をはじめ、プラットフォームなど必要なさまざまなことを探求、実践して行きます。
スコットランドの6月は最高のシーズンです。
是非一緒に学び、ワクワク感と喜び、ひらめきを実際に実行する新しい生き方へ向かいましょう。
お問い合わせをお待ちしています。


さて、このワークショップは、下記の内容が元々にあるものです。

① “自然界に存在するものには、すべてのものに知性があるというドロシーさんの発見とコネクティングして生きることへの挑戦”

②“The call という 何かやどこかからの 呼びかけに応えて 創造すること”

③“すべての人が全体として生きていたら、世界はどうなるでしょう”

この3つの要素に、とってもわくわくしてFindhornの成り立ちとその意識、またそれらを人生に取り入れて世界へ奉仕すること、そうすることで個人はどう変化するの?人生はどう進むんだろう?
という無限の拡がりにとても興味があります。

Co-Creationのページはこちらから英文で読めます。

◆植物と話す 
Findhornコミュニティの創設者の一人であるDorothy Macleanは、彼女が植物のスピリット(意識)と話すことができることを発見しました。その経験は、共創的な霊性の深い根源の1つです。
ブログを読む
◆なぜこのカンファレンスなのか。
コミュニティメンバーであり、会議の主催者であるThomas Millerは、彼がどのようにしてサトルワールド(目に見えない微細な分野・世界)からの呼びかけに応じてユニークな集まりを組織するかについて答えました。
ブログを読む


◆全体の存在として生きる
私達はThe Lorian Associationと共同創造スピリチュアリティ会議を共同作成しました。
彼らの主な質問:すべての人々が全体として生きていたとしたら、世界はどのようになるでしょう:肉体的、サトル/エネルギー的そしれ霊的なのか?
https://www.findhorn.org/blog/lorian-interview/

Blue Lotus ありのままで

鳥には空が見えない、 魚には水がみえない、 人間には自分がみえない

0コメント

  • 1000 / 1000